第11回日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会大会
テーマ/今考える。リスク・コミュニケーションと薬剤師

第11回大会 北海道薬科大学 9月9,10日開催

【お知らせ】大会登録にGシステムを導入しました

今回導入しております G-システムの「マイページ」へのログイン方法は会員向けメーリングリストでご案内しております。不明な場合には事務局へお問い合わせください

【お知らせ】7月28日(金)まで演題登録期間を延長

下記学会マイページより演題登録をお願いいたします。 事前参加登録がお済みでない方は、こちらもあわせてご登録くださいませ!

→ 学会「マイページ」

新人育成、実務実習生指導に活用できる!
「ルーブリック評価体験セミナー」

本セミナーでは、ルーブリックに関するレクチャーおよび、ルーブリックを用いた患者コミュニケーション場面の評価の体験を通じて、ルーブリックの考え方、や評価のポイント、活用法について学びます。

【終了しました】楽しいことの中に学びはあふれている!
学びのドラマティック・デザイン『教える人のための教え方』研修会

P-Co学会初企画の教育者向けセミナーを、神戸薬科大学薬学臨床教育センターとの共催で2017年5月4日(木・祝)に開催いたします。

【終了しました】2017年2月12日(日)、第3回 ACSTセミナー開催のお知らせ

当学会では、患者さんからの情報収集〜服薬指導場面においてルーブリック評価を用いたトレーニングプログラムを構築いたしました。かかりつけ薬剤師を目指す薬剤師の方々には模擬患者さんとのロールプレイを通して、コミュニケーションスキルを高めていただく機会となり、大学教員の方々には実務実習後の学生のコミュニケーションスキルアップ課題のヒントになるとともにルーブリック評価への理解を深めていただく機会となります。

日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会大会
第10回大会長 半谷 眞七子
(名城大学薬学部准教授)

最新刊「ファーマシューティカルケアのための医療コミュニケーション」

ファーマシューティカルケアのための医療コミュニケーション

監修:日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会
編集:東京理科大学薬学部教授 後藤惠子
   帝京平成大学薬学部教授 井手口直子
発行:南山堂
3,500円+税

学会が推奨する医療コミュニケーションの講義”をコンセプトとした,薬剤師・薬剤師向けの実践的教科書が完成!

日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会とは?

ファーマシューティカルコミュニケーションとは、 薬剤師がファーマシューティカルケアを行うプロセスで必要なコミュニケーションをすべて指します。

  • 専門性の発揮
  • 患者さんや家族との信頼構築と問題解決
  • 医療チームでの貢献
  • 組織の成熟
  • 薬剤師自身の人間成長

など、すべてベースにはコミュニケーションがあります

当研究会では

  • コミュニケーションのスキルアップと、研究
  • 大会開催による発表の場
  • 会誌の発行
  • 会員限定ワークショップ
  • メーリングリストでの意見交換

を行っています。

事務局から会員へのお知らせ

  • メーリングリストは会員限定です。
    会員でメーリングリスト登録にご希望の方は事務局までご連絡下さい。
  • 住所変更で連絡先が不明な方がいらっしゃいます。
    変更のあった方は、事務局までご連絡下さい。

年会費のご入金についてのご連絡

平成21年1月からゆうちょ銀行へ他の金融機関からの振込みが可能になりました。
通常のゆうちょ銀行の振込先とは、口座番号が異なりますので、ご注意下さい。

他の金融機関からのお振込みは下記となります。

ゆうちょ銀行
【店番】028 普通預金 【口座番号】9346746
日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会 宛て

※現金でのお振込みは
ゆうちょ銀行
【記号】10250 【番号】93467461
日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会 宛て