HOME大会のご案内

大会のご案内



第12回日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会大会
テーマ/地域で行う患者コミュニケーション教育の現状とさらなる発展をめざして

主催:日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会
後援:日本薬剤師会、日本病院薬剤師会、薬学教育協議会、千葉県薬剤師会、千葉県病院薬剤師会

●お知らせ
一般演題募集は7月31日をもって終了いたしました。
なお、プレコングレスセミナーおよび学会大会・懇親会への参加申込みは、9月4日( 火)まで受付けておりますので、事前参加申込みをよろしくお願いいたします

開催日

2018年 9月8日(土)
13:30~16:30 プレコングレスセミナー


9月9日(日)
9:00~16:30 学会大会
17:00~19:00 懇親会


会場

東邦大学薬学部(習志野キャンパス)
〒274-8510 千葉県船橋市三山2-2-1
京成大久保駅下車 徒歩約10分
またはJR津田沼駅から京成バスで約10分(東邦大学前で下車)
https://www.toho-u.ac.jp/accessmap/

大会長

武藤 里志 (東邦大学薬学部)

実行委員長

高橋 瑞穂 (東邦大学薬学部)



プログラム

9月8日(土) プレコングレスセミナー

参加者は以下の2つのうちどちらかを選択して受講する。
6月11日より参加申込を受付けます。
非会員の方は、一般演題募集の「演題登録」をクリックし、基本情報入力後セミナー参加申し込みをお願い致します。

13:30~
16:30
 プレコングレスセミナー① 
 現場で活かすコミュニケーション教育のためのSP養成セミナー
 

「催奇形性のある薬剤を服薬することになった患者への対応 ~センシティブな内容に関するコミュニケーション~」

オーガナイザー:
有田 悦子(北里大学薬学部、P-Co学会常任理事)
竹平 理恵子(北里大学薬学部)

教育講演:
鈴木 憲史(日本赤十字医療センター薬剤部長)

対象:
模擬患者さん、模擬患者養成や模擬患者参加型教育に関心のある大学教員、薬剤師など

募集人数:
模擬患者 25名程度、教員・薬剤師など 15名程度

概要:
コミュニケーション教育において、模擬患者さんからのフィードバックは学習者にとって非常に大きな気づきにつながります。一方で、模擬患者さんからは患者としてのフィードバックが難しいとの声をよく聞きます。

そこで本セミナーでは、配慮が必要な患者に対するコミュニケーション場面を例にとり、模擬患者としてのフィードバックポイントなどについて実践的な練習を行います。


13:30~
16:30
 プレコングレスセミナー② 
(ただし、翌日ファシリテーターとして参加希望の方は、セミナー終了後1時間程度、翌日の打ち合わせを行います。終了予定は17:30となります。)

「ACST(Advanced Communication Skill up Traininng)ファシリテーター養成セミナー」

オーガナイザー:
平井 みどり(兵庫県赤十字血液センター、P-Co学会会長)
後藤 惠子 (東京理科大学薬学部、P-Co学会常任理事)

ファシリテーター:
富澤 崇  (城西国際大学薬学部、P-Co学会理事)
沼田 千賀子(神戸薬科大学、P-Co学会理事)
野呂瀬 崇彦(北海道科学大学薬学部、P-Co学会理事)
松田 裕子 (神戸薬科大学、P-Co学会)
村岡 千種 (北海道科学大学薬学部、P-Co学会)

対象:
医療現場、大学におけるコミュニケーション実習・研修担当者(模擬患者参加型演習におけるファシリテーション経験がある、またはこれから実践をしたいと考えている方)

募集人数:30名

概要:
参加型のファシリテーター養成セミナーです。ルーブリックを用いたパフォーマンス評価方法やファシリテーション方法について学んだ後に、ACSTのファシリテーターを模擬体験します。翌日の大会で実施されるACSTにファシリテーターとしてご参加いただくことができます。

*定員オーバーとなった場合には、2日間連続してご参加いただける方を優先させていただきます。

9月9日(日)学会大会・懇親会

9:00 学会総会
9:15 開会式
9:20

 シンポジウム:
 各地の患者コミュニケーション教育の実践報告
 

座長:
寺島 朝子(城西国際大学薬学部)、渡邉 文之(日本大学薬学部)

▼S-01
北海道科学大学薬学部における患者コミュニケーション教育
村岡 千種(北海道科学大学薬学部 薬学教育学分野)

▼S-02
千葉6大学合同模擬患者研修会の活動報告ならびに東邦大学薬学部模擬患者養成活動の歩み
高橋 瑞穂(東邦大学薬学部)

▼S-03
5大学合同SP養成講習会の活動と今後の展望
湯本 哲郎(星薬科大学)

▼S-04
東海地区の医療系大学によるSP合同勉強会&交流会の活動報告
福井 愛子(名城大学薬学部)

▼S-05
 「人と人との結びつき」を深めるSP講習会
沼田 千賀子(神戸薬科大学 薬学臨床教育・研究センター)

▼S-06
神戸学院大学模擬患者会の活動とSP参加協力型コミュニケーション教育
上町 亜希子(神戸学院大学薬学部臨床薬学教育研究センター)

11:00

 一般演題ポスター発表 
▼P-01
薬学部低学年の学生における授業理解促進のための小学生向け漫画教材の利用
◯平賀 秀明 、吉田 栄子 、大川原 美紀 、緒方 美咲 、草野 真雪子 、多賀谷 理央 、 菅澤 彩香、山崎 彩菜子
東邦大学薬学部医療薬学教育センター薬事法学研究室

▼P-02
一般用医薬品を題材にした1年次コミュニケーション教育の有用性に関する検討
◯齊藤 幹央、宮本 昌彦、坂爪 重明、継田 雅美、朝倉 俊成
新潟薬科大学薬学部

▼P-03
調剤薬局における外国人患者への対応実態調査 2018
◯栗原 理 、工藤 香代子 、岩田 孝、岸野 淳二、小池 裕子 、高木 芳徳、 明利 恵里子、黒川 寛之、片山 厚、恩田 威俊 、野村 香織
一般社団法人くすりの適正使用協議会くすりのしおりコンコーダンス委員会、 東京慈恵会医科大学

▼P-04
健康サポート薬局「技能習得型研修」の構築とその評価
○篠原 悦子、加藤 裕芳、太田 愛子、石毛 上志、平野 裕幸、浅山 亨
一般社団法人薬局共創未来人財育成機構、東邦大薬学部臨床薬効解析学研究室、 ファ-マクラスター株式会社

▼P-05
かかりつけ薬剤師紹介ボードによる制度の周知と対患者コミュニケーションの向上について
○岩崎 史人、目崎 大輔、兵頭 直樹、松田 凌、池蓮 貞、見城 有美、德善 ルリ子
エスシーグループ、越谷クローバ薬局

▼P-06
学校薬剤師としての活動報告および今後の展望について
◯五郎丸(新海) 美智子 1、石川 稚佳子 、一場 秀章 、岩佐 澄子 、木下 雅子 、 黒田 潤 、武藤 里志、中沢 克江 、清水 真紀
東邦大学薬学部 実験部門、薬品分析学教室、実践医療薬学研究室、臨床薬効解析学研究室、 スポーツ健康科学教室、 薬物動態学教室、東邦大学薬学部鶴風会

▼P-07
体育(スポーツ)系教室の薬学領域における様々な活動について
◯中沢 克江、五郎丸(新海) 美智子 、高橋 瑞穂 、武藤 里志
東邦大学薬学部 スポーツ健康科学教室 実験部門 社会薬学研究室 臨床薬効解析学研究室

▼P-08
薬剤師によるコミュニティ・エンパワメントの展開〜心理学の視点を取り入れる〜
○宮田 圭 、佐藤 麻衣子 、高橋 瑞穂
東邦大学薬学部 社会薬学研究室

▼P-09
平成30年度第Ⅰ期薬局実習の実施状況報告-東邦大学薬学部での取組み-
◯木下 雅子、有山 智博、真坂 亙、石井 敏浩
東邦大学薬学部医療薬学教育センター

▼P-10
薬局薬剤師が患者と信頼関係を形成する過程分析
○戸村 綾花、山下 美加子、根岸 健一、後藤 惠子
東京理科大学薬学部 本木薬局

12:00  ランチョンセミナー(対象は教員・薬剤師・薬学生のみ) 
薬剤師さんだからこそ!患者さんとのよりよいコミュニケーション
―SPIKESを活用したスキル習得について―

講演:藤原 紀子(東京大学医科学研究所附属病院 がん看護専門看護師)
座長:後藤 惠子(東京理科大学薬学部教授)

なお、模擬患者さんには別途昼食を用意いたします。

13:00  特別講演 

市民がコミュニケーション教育に参画する意義と課題~26年間の模擬患者活動を通し て~
講演:山口 育子(認定NPO法人ささえあい医療人権センターCOML理事長)
座長:武藤 里志(大会長、元東邦大学薬学部准教授)

14:00  ワークショップ 

薬剤師・教員、模擬患者、学生のグループに分かれての個別ワークショップ

▼WS-01 薬剤師・教員ワークショップ 
ACST(Advanced Communication Skill up Training) 残薬、ポリファーマシー、多職種協同など6課題にTry!
ルーブリックに基づくフィードバックを実施します

オーガナイザー:
平井 みどり(兵庫県赤十字血液センター、P-Co学会会長)
後藤 惠子 (東京理科大学薬学部、P-Co学会常任理事)

ファシリテーター:
富澤 崇  (城西国際大学薬学部、P-Co学会理事)
沼田 千賀子(神戸薬科大学、P-Co学会理事)
野呂瀬 崇彦(北海道科学大学薬学部、P-Co学会理事)
松田 裕子 (神戸薬科大学、P-Co学会)
村岡 千種 (北海道科学大学薬学部、P-Co学会)

▼WS-02 模擬患者ワークショップ 
心の動きを体現し、どう動いたかを言葉で示そう!
~実演で演技を磨き、スモールグループディスカッションで自信をつけよう!~


オーガナイザー:
高橋 瑞穂(東邦大学薬学部)
ファシリテーター:
本大会実行委員および千葉6大学合同模擬患者研修会協力者



▼WS-03 学生ワークショップ
臨床判断ができる薬剤師に


オーガナイザー:平賀 秀明(東邦大学薬学部)
特別講師:高橋 健一(株式会社クリエイトエス・ディー)

16:30 閉会式、優秀演題賞授賞式
17:00~
19:00
懇親会

事前参加登録

プレコングレスセミナー、大会、懇親会への事前参加登録はWebで申し込みます。またその際に、会員、非会員により参加登録ページが異なりますので、ご注意ください。

参加費等

  9月8日(土)プレコングレスセミナー参加費: 無料 
  9月9日(日)大会参加費:  5,000 円(会員は4,000 円、模擬患者・学生は1,000円)
  9月9日(日)懇親会参加費: 3,000円(模擬患者・学生は1,000円)



事前参加申込み

学会への参加は原則として事前登録制とし、6月11日(月)より申込み受付を開始いたします。締切りは9月4日(火)まで。

※<会員の方へ>
学会本部よりご連絡しておりますID・PWにてログイン後、「お支払い」にて登録ください。

※<非会員の方へ>
非会員の方は、まず下記の一般演題募集の「演題登録」をクリックし、「まだ登録していない方はこちら」より情報入力をしてください。その後、自身のID・PWを取得したうえで、上記の事前参加申込みの「参加申込」にもどり、学会大会への参加を申込んでください。

一般演題募集

一般演題募集は7月31日をもって終了いたしました。

今回の一般演題は全てポスター発表といたします。コミュニケーションにかかわる全ての領域を対象とします。なお、演題登録には主発表者の学会への加入が必要です。学会ホームページの「ご入会とお問い合わせ」からご入会後に演題登録をお願いいたします。もし何か分からないことがございましたら、学会事務局 info@pcoken.jp(あるいは大会事務局satoshi@phar.toho-u.ac.jp)までご連絡をお願いいたします。また文字数は、演題50文字、発表者(主発表者に○)、所属先、本文1,200文字までといたします。なお、演題の募集・要旨提出は、7月31日(火) 23:59まで延長いたしましたので、よろしくお願いいたします。

>> 演題登録
※学会本部よりご連絡しておりますID・PWにてログイン後、
「演題>新規演題登録」より登録ください。