HOME大会のご案内

大会のご案内



第12回日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会大会
テーマ/地域で行う患者コミュニケーション教育の現状とさらなる発展をめざして

主催:日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会
後援:日本薬剤師会、日本病院薬剤師会、薬学教育協議会、千葉県薬剤師会、千葉県病院薬剤師会

開催日

2018年 9月8日(土)
13:30~17:00 プレコングレスセミナー(参加費無料)


9月10日(日)
9:00~16:30 学会総会(参加費有料)
17:00~19:00 大会(参加費有料)


会場

東邦大学薬学部(習志野キャンパス)
〒274-8510 千葉県船橋市三山2-2-1
京成大久保駅下車 徒歩約10分
またはJR津田沼駅から京成バスで約10分(東邦大学前で下車)
http://www.toho-u.ac.jp/phar/

大会長

武藤 里志 (東邦大学薬学部)

実行委員長

高橋 瑞穂 (東邦大学薬学部)



プログラム

9月8日(土) プレコングレスセミナー(参加費無料)

参加者は以下の2つのうちどちらかを選択して受講する。

13:30~
17:00
 プレコングレスセミナー① 

「催奇形性のある薬剤を服薬することになった患者への対応 ~センシティブな内容に関するコミュニケーション~」
*参加対象者は、模擬患者さん・模擬患者養成に関わっている大学教員および模擬患者参加型教育に関心のある薬剤師。


13:30~
17:00
 プレコングレスセミナー② 

「ACSTファシリテーター養成セミナー」
 (ACSTとはアドバンストコミュニケーションスキルアップトレーニングの略)
*参加対象者は、薬剤師および大学教員。

9月9日(日)学会大会・懇親会(参加費有料)

9:00 学会総会
9:15 開会式
9:20 シンポジウム:
各地の患者コミュニケーション教育の実践報告(4題程度を公募)

11:30 一般演題ポスター発表
12:00  ランチョンセミナー(対象は教員・薬剤師・薬学生のみ) 

演題・講演者は未定
なお、模擬患者さんには別途昼食を用意いたします。

13:00  特別講演 

演題未定
講演者:山口 育子(認定NPO法人ささえあい医療人権センターCOML理事長)

14:00 薬剤師・模擬患者・学生のグループに分かれての個別ワークショップ
16:30 閉会式、優秀演題賞授賞式
17:00~
19:00
懇親会

参加申込み

6月1日(金)より申込み受付を開始いたします。締切りは7月31日(火)まで。



シンポジウム募集

「各地の患者コミュニケーション教育の実践報告」と題して、20分程度の報告を4演題公募いたします。各地域で行われている模擬患者教育あるいは特徴的な活動などがございましたら、奮ってご応募ください。シンポジウムの応募受付けは5月10日(木)~23日(水)の間に行います。採択の可否決定後、要旨提出は6月1日(金)~30日(土)の間に行います。



一般演題募集

今回の一般演題は全てポスター発表といたします。コミュニケーションにかかわる全ての領域を対象とします。演題の募集・要旨提出は、6月1日(金)~30日(土)の間に行います。