HOME大会のご案内

大会のご案内


229名の盛況で会は終了しました。ありがとうございました

第10回日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会大会
テーマ/患者に頼られ、寄り添える治療パートナーを目指して
-コミュニケーションスキルトレーニングの実践と効果-

開催日

2016年 5月28日(土曜日)13:00~17:30 ワークショップ、イブニングセミナー
/懇親会:17:45~

5月29日(日曜日)9:00~16:30/年会

大会長

半谷 眞七子(名城大学薬学部)

会場

名城大学薬学部 八事キャンパス(愛知県名古屋市天白区八事山150)
http://www-yaku.meijo-u.ac.jp/access/index.html

後援

後援:日本薬剤師会、日本病院薬剤師会、薬学教育協議会、愛知県薬剤師会、愛知県病院薬剤師会

※薬剤師研修センター認定 28日2単位、29日3単位

プログラム

5月28日

13:00~
16:00
ワークショップ詳細はこちら
※ワークショップはすべて満席となりました。

(1)アドバンストコミュニケーションスキルアップトレーニング(ACST)
企画:P-CO研修担当(定員:評価者12名、薬剤師12名)
※定員につき、申込を締め切りました。

(2)精神疾患患者さんの声を聞こう!~偏見をなくすために~
企画:亀井 浩行(名城大学薬学部)(定員:20名)
※定員につき、申込を締め切りました。

(3)認知症患者に対するコミュニケーション
企画:大嶋 耐之(金城学院大学薬学部)(定員:18名)
※定員につき、申込を締め切りました。

(4)メディカルチームコーチングセミナー
~卓越した成果創りにチャレンジする~
企画:田口 智博(三重大学医学部)(定員:15名)
※定員につき、申込を締め切りました。
16:30~
17:30
イブニングセミナー
「医療者に必要なユーモア」
柏木 哲夫(淀川キリスト教病院グループ理事長)
座長:大嶋 耐之(金城学院大学薬学部)
17:45~ 懇親会(名城大学薬学部DINING HERB)withマジックショー

5月29日
総合司会:黒野 俊介(名城大学薬学部)

9:00 開会
9:10 一般演題口頭発表
座長:井手口 直子 (帝京平成大学 薬学部)他
10:50 ポスターセッション
12:00  ランチョンセミナー 
「患者に寄り添ったチーム医療の実践を目指して
~がん化学療法をうける患者さんと家族へ、他職種チームでの支援~」

伊藤 里美(館林厚生病院看護部)
座長:寺町 ひとみ(岐阜薬科大学)
共催:中外製薬株式会社
13:15  特別講演 
「患者に頼られ、寄り添える治療パートナーを目指して-薬剤師に期待するコミュニケーション」
藤崎 和彦(岐阜大学医学教育開発研究センター長)
座長:久田 邦博(エーザイ株式会社) 
14:30  シンポジウム 
「治療パートナーを目指したコミュニケーションスキルトレーニングの実践例」
(1)薬学教育におけるコミュニケーション教育の現状と展望
有田 悦子 (北里大学薬学部)

(2) 薬剤師を対象としたCSTの実践例
半谷 眞七子(名城大学薬学部)

(3) 患者の語りから学ぶーDIPExを活用した実践例
後藤 惠子 (東京理科大学薬学部)

(4) チーム医療を推進するチームコーチングの実践例
田口 智博(三重大学医学部)

座長:有田 悦子 (北里大学薬学部)
16:20 閉会