大会

第14回日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会大会

テーマ/葛藤を共有するためのコミュニケーション

開催概要

主催
日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会
開催日時
2020年 6月28日(日)
総会・大会 9:00~17:00 / 懇親会 17:30~
会場
北里大学薬学部 白金キャンパス アクセス
懇親会会場:未定
大会長
有田悦子(北里大学薬学部)
“対物から対人”へ!薬剤師に期待される役割は大きく変化しています。治療や病気について患者さんが抱える葛藤、患者さんと真剣に向き合うからこそ薬剤師に生じる葛藤・・・その葛藤を共有し最善の医療に繋げていくためには、どのようなコミュニケーションが望まれるのでしょうか?そこで本大会では『葛藤を共有するためのコミュニケーション』をテーマとし、“対人援助職”である薬剤師が目指すべきコミュニケーションについて考える機会にしたいと思います。
前日には、アドバンスト・コミュニケーション・スキルアップのワークショップや模擬患者さんの交流会も予定しています。オリンピック間近の東京で、6月の休日をご一緒しませんか?
参加費

近日公開

研修認定
日本薬剤師研修センター単位認定 3単位
※事前参加申し込み時に、研修シール希望の有無を確認させて頂きます。
(詳細については近日公開)
告知ポスター
こちらからダウンロードできます。広報にお使いください。

プログラム

総合司会:富澤 崇(株式会社ツールポックス・城西国際大学)

9:00 学会総会
9:15 開会式
9:25 大会長講演 「患者の葛藤を引き出すコミュニケーション」
有田 悦子(北里大学薬学部)
座長:入江 徹美先生(熊本大学)
10:00 基調講演 「〈いのち〉をめぐるコミュニケーション~倫理的問題にどのように向き合うのか~」
堂囿 俊彦先生(静岡大学学術院人文社会科学領域)
座長:平井 みどり先生(兵庫県赤十字血液センター)
11:00 一般演題(ポスター発表)
12:20 映画上映(タイトルなどの詳細は近日公開)
14:30 特別講演「研究倫理と葛藤~治療と研究の狭間で~」
笹栗 俊之先生(九州大学医学研究院基礎医学部門)
座長:井手口 直子先生(帝京平成大学薬学部)
15:20 シンポジウム「臨床現場で直面する葛藤~薬剤師として、人として~」
座長:後藤 惠子先生(東京理科大学薬学)
上村 直樹先生(東京理科大学薬学部)
16:40 閉会式(優秀演題受賞式、次期大会長 挨拶)
17:30 懇親会

 

お申込み

事前申し込み期間:(近日公開)
演題申し込み期間:(2020年2月ごろを予定)

画面下の申込ボタンからお願いします。外部リンク(G-system)が開きます。
※参加人数把握のために、なるべく事前での申し込みをお願いいたします。

一般演題募集

筆頭発表者は本学会の会員に限ります。未入会の方は、入会手続きをお願いします。

[  大会一覧へ戻る ]